野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




毎日霜が降りる :: 2019/12/04(Wed)

毎朝霜が降りて寒くなってきました
餌台にはヤマガラがジーイジーとと餌を催促に来ています
よく見るとジョウビタキのメスのようでコロンとしたかわいい姿の鳥がありました
尻尾をぴくぴく上下させています 餌台に来ることはありませんでした
12219zyoubitaki.jpg


いつも変わらないヤマガラさんたちですが世代交代をしたようで雰囲気が違う感じがします
12219yamagara3.jpg



12219yamagara1.jpg


シジュウカラも来ています  ヤマガラ、シジュウカラは混成チームで何回も周回しているように来ています
12219sizyuukara.jpg



疲れて無防備に寝ているココちゃん  平和な姿です
DSC_0175.jpg
今日アフガニスタンで長年にわたり医療や、農業などの支援をされてきた中村哲さんが
銃撃され亡くなられたとのニュースが流れました 立派なお仕事をされてきた方なので
本当に残念です  こういう人こそ日本の宝です  ご冥福をお祈りいたします

北海道や東北では積雪があり荒れた天気になっているようです
時間が空いたので急いで大根を収穫しました  とっても小さな大根ですが食べられます

  1. 未分類
  2. | comment:4

冬の道路は危険がいっぱい :: 2019/12/03(Tue)

今朝は最低気温が1℃ 道路の表面は黒くてつるつるしているがさほど凍っている感じはなかったが
多分凍結していたと思われます
8時頃出かけたばかりの次男から「自損事故」の連絡が入った

上り坂なので少しアクセルを踏んだところスリップし反対車線の路肩を乗り越えて
ガードパイプで止まったとのこと ガードパイプがないとその下は1~2メートルの草地であった
ガードパイプに助けられた

すぐに加入しているロードサービスに連絡するように言って連絡を待った
車があれば駆け付けられるが我が家のもう1台の車は現在修理中で代車も届いていないので
何もできずじまい  幸いケガはないようなので、連絡を待つしかなかった

ロードサービスに連絡すると動かせるか確認せよとのこと、後輪はパンクしていてエンジンはかからないので
ロードサービスに来てもらうように依頼するとしばらくするとレッカ車が来て修理工場に運んでくれた
その前に警察連絡すると現場で交通整理をしてくれて氏名やその他もろもろのことを聞かれたそうです

自動車保険では代車の契約はつけてなかったので仕方なく代車を貸してもらい
昼過ぎに家に帰ってきた  仕事は休んだ  自損事故ですんでよかった

皆さん冬の道路は雪道でなくても非常に危険です 
この道路は冬になるとよく車が転がっているいるので雪があると皆国道を通ることが多い危険な道路です


事故はいつどんな形で起こるかわからないので車の中には必ず、ロードサービスの連絡先や
JAFの連絡先、また自動車保険の連絡先、車検証を置いておく メモ帳と筆記用具も用意
そして保険会社の指示に従う   

けが人がいる場合は救助を第1に行い 車を移動したほうがいい
出来れば直後の写真を撮ったほうがいいようです



先日も10時頃飯綱高原に向かったらレッカ車が3台来ていてどうも下の沢に落ちたらしい
救急車が来ていないのでけが人はいないようでしたが 落ちた車は見えなかったのでかなり深かったかもしれません
怖いなと思いながら気をつけねばと思った矢先の我が家の自損事故でした

保険会社の対応も速やかで安心できたようです 不幸中の幸い よかった
皆さん冬の道路の凍結や雪道にはくれぐれも注意して事故にあわないようにしてください

  1. 未分類
  2. | comment:6

千曲川沿い災害支援復興コンサート終わる :: 2019/12/02(Mon)

昨日は町の災害支援連絡会主催の「千曲川沿い災害チャリティーコンサート」
260名ほどの観客が集まり大盛況でチャリティーの金額も集まり大成功でした

この会は8年前から活動を開始して町で災害支援に行くボランティアを支援する組織ですが
3.11の後九州の地震、北海道の地震、関西の水害など活動を終えることができず
今日に至っていました
今回は身近で起こった災害のため体力のある方はずっと泥出しなどに行きましたが、ピアニストのYさんが
今回もチャリティーの発起人となり町出身の声楽家や演奏家に声をかけ忙しいスケジュール調整をして
開催にこぎつけました

カンパも多額の費用をいただきこれで「重機レンタル代」や消毒剤などの費用を援助出来てよかったです

反省会の中で活動に参加されている方の生の声も聞けて勉強になりました
千葉と長野を行き来した方は長野の場合「災害ごみ「」の出し方については
今後はまず区分をすべき、災害ごみを遠い公園や運動場に運搬に道路の指示者や一方通行の指示がないため
道路の大変な交通渋滞が起こったことやなどが報告されました
また千葉の場合は瓦、長野の場合は布団、のかたずけが大変だったそうです

また老健か特養の浸水した病院では入所者の情報が水没したため入所者は胸にガムテープを
張って名前を書き、転院していったが一人の犠牲者も出さず頑張ったと涙ながらに話されました
また職員が水に埋まった病院に近づけず孤立状態になったなど知らなかった情報を聞きました

その他いろいろな話が出ましたが真っ先に災害現場に駆け付ける「吉村誠司さん」は自分達の役割は
いろいろなものをつなぐことなので今後災害ボランティアの組織をしてゆく(重機の扱い、家屋の整備方法など)  
早くしていかないと南海トラフの大災害が迫っているのでという発言が気になりました
また皆さんカヌーを練習してくださいと宿題を出されました

自然災害が多発し今までは考えられない事態が起こっていますが他人事と思わず
自らもどうしたらよいのか考える必要を痛感しました


  1. 未分類
  2. | comment:0

冬への備え :: 2019/11/30(Sat)

窓を開けると10センチほどの積雪  去年も12月早々に降ってそれから根雪状態となって
しまいました 今年はまだ根雪にはなってほしくないのだが分かりません


雪の朝は静かで落ち着ける風景です 昼の日差しで解ける感じの雪です
DSC_0143.jpg


113019yama.jpg

DSC_0149.jpg


113019yama1.jpg


冬の備えは十分でないのでこれから少しずつしていくつもり

冬の間は雪に閉ざされて買い物などはおっくうになるので食料の備蓄には気を遣う
野菜は最低大根10本 白菜10個は準備しなければならないのに まだ大根は畑  白菜は
全く用意していない  
ジャガイモ、ネギ、リンゴ、柿、長芋などは準備すみ
あと食料はかんずめ、インスタントラーメン、コメ、などは購入済

植物関係では冬囲いの済んででないものは急いで済ませる
家の周囲には板の雪囲いをして除雪用品と除雪器具を出して点検
防寒の手袋、帽子、靴なども準備する

今年の冬は暖冬といわれているが雪がどのように降るか用心しなくてはならない
近年の温暖化の影響で湿った重い雪になってきている
重い雪で樹木が倒れやすくなったり電線など付着して停電になりやすい


オール電化などという言葉につられ電化製品に頼った生活は便利だがいったん停電すると
全くのお手上げ  エコキュートも半永久的に持つといわれたが8年でダウン 高い買い物だった


今年は一念発起して反射板の灯油ストーブを購入したところ便利で便利で愛用しています
 
場所を取ったり灯油ということで敬遠していたので我が家の台所は長居できない北極のような場所でした
しかしこのストーブは着消火も早くて暖かくて灯油の補充も楽、暖房効率は抜群で料理を温めることもできる 
本当にいいストーブ
今の薪ストーブの部屋にもう1台ほしいくらいだが灯油代がばかにならないのでこれはできない

電気だけに頼った便利という生活を見直してゆくことは大事なことと思う

冬の備えはまだまだこれからしていく段階です 

だがこの町の景色は冬が一番ですね 雪と青空と太陽さんのコラボが素晴らしい

  1. 未分類
  2. | comment:8

冬本番 :: 2019/11/29(Fri)

雪がうっすら積もっていた朝  昼には解けています
山の上は雪が降っているようで雲の中
112919kurohime.jpg


道路には道の境を示す目印が立っています  除雪車も前からスタンバイ
112919yukisirusi.jpg


心配は側溝にたまっているイチョウなどの葉 イチョウの葉は腐りにくく側溝が詰まってしまい
雪が降ると水があふれて凍り車が滑って事故を起こしやすいんです 実際事故が起きています
近くなので自分でやってもいいのですが毎年のことなので町に連絡したほうがいいのか
迷っていますがやはり事故は起きているのと通学路でもあるので明日は思い切って町に連絡してみます
112919sokkou.jpg


野菊の花 歌のように気高く清く雪が降っても凛として咲いています
112919nogiku1.jpg


美しい花とはこういう花のことでしょう
DSC_0141.jpg
室内に取り入れたキンリョウヘン(シンビジュウム)の葉をココちゃんがかじっていました
そのあと何となく元気がなくなり寝ています →夕方には元気になりました よかったよかった



また朝窓の外に猫のような動物が、よく見ると子狸 疥癬狸のようで毛並みがボロボロ
写真を撮ろうとしましたが軒下から階段を降り道を下っていきました
この狸も冬を越せるのかなと哀れに思い猫の餌を置いておきましたが食べた気配はないです

  1. 未分類
  2. | comment:2
前のページ 次のページ