野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




:: 2015/05/27(Wed)

レンゲショウマがやっと本葉を出してきました

昨年秋に種を蒔いてから芽を出したのが4月 1ヶ月以上も双葉の状態で
なんと遅いのだろうと思っていましたがようやく本葉が出てきました
renngesyouma15527.jpg

こちらはマムシ草 今年はやけに丈が低くおとなしくしています
でも良く見るとこれって斑入りでしょうか?今までは気がつきませんでしたが
mamusikusa15527.jpg

イブキジャコウソウが花をつけてきました
ibukizyakousou15527.jpg

アケビの花を逆光で撮ってみました 綺麗な色ですね
akebi215527.jpg

  1. 未分類
  2. | comment:5
<<タイトルなし | top | タイトルなし>>


comment

アケビ、今咲いているのですか?
飛騨ではずいぶん前に花は終わったような・・・
種類が違うと咲く時期も違うんでしょうね。

それにしても双葉の状態で一カ月以上!
気の長い植物ですね~~
  1. 2015/05/27(Wed) 21:00:30 |
  2. URL |
  3. ばんば #p/vZ2MME
  4. [ 編集 ]

ばんば様
そういえばアケビまだ咲いています
今年は切り詰めたためかもしれません

レンゲショウマは気の長い花ですね
一時はどうなるかと心配でした
  1. 2015/05/27(Wed) 22:05:46 |
  2. URL |
  3. おきなそう #T1ynPNdU
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
今年は春先から気温が高く、季節の移ろいも駆け足の様子。

駆け足といっても、樹木などの地上部と地際の植物などでは
そのスピードに差があるようです。

桜などはとても早い開花に各地での桜まつりが
期待外れだったとか。

それに比較して、春、地上に顔出す植物は早いと言っても
それほどでもないように感じました。
外気温ほど地中温度が上がってないから?
山野草を愛でているおきなそうさんも気になるところでしょう。

イブキジャコウソウ、関心ある植物です。
というのは「グランドカバープランツ」として、
利用価値があるのではと期待してます。

中山間地では少子高齢化、後継者不足で
農地の維持管理ができなくなってきており、
畦畔やのり面の草刈り作業の省力化が必要です。

そこで、がぜん注目を浴びているのが
このような植物の活用なんですよ。
実際、農業・土木などの研究機関でも研究されてます。

アケビはこちらではすでにちっちゃな幼果が確認できます。
ご存知でしょうが、自然には「三つ葉」と「五つ葉」があるようで、
大きくて食べ応えのあるのは「五つ葉」の方です。

確実な受粉のためには異株がそばにあるといいと言われてますね。
  1. 2015/05/28(Thu) 20:40:59 |
  2. URL |
  3. マーフィーコロン #-
  4. [ 編集 ]

マフィーコロン様
こんばんは
今年は一気に初夏ですね 季節が一直線に進んでいる感じです
コケ庭は乾燥気味で綺麗ではないですね
こちらはまたマイマイガが発生していますが昨年ほどではないです

草刈は大変ですね多分4回位して人を頼むこともあります

イブキジャコウソウはグランドカバーにはいいですね
びっしり生えるので雑草を抜く手間があまり必要ないですね

アケビは切り戻したところ再度開花しました 葉の種類はわかりませんが開花時カビのようなものを消毒すると実を良くつける感じです
葉を確認してみます
貴重な情報をありがとうございました





  1. 2015/05/28(Thu) 20:55:49 |
  2. URL |
  3. おきなそう #T1ynPNdU
  4. [ 編集 ]

間違ってました!!

ごめんなさい!!
アケビのコメント、間違ってました!
実が大きくて食べ応えがあるのは
「三つ葉」の方です!
失礼しました<m(__)m>



  1. 2015/05/30(Sat) 21:03:21 |
  2. URL |
  3. マーフィーコロン #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する