野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




:: 2014/07/14(Mon)

今日は降ったりやんだりのはっきりしない天気でした
午後雨が上がったので庭の石組の辺りの草を抜いたり石の上の枯葉を掃いたりしていると

一瞬右手首あたりにチックンと鋭い痛みが走り、すぐ蜂だと気付きはらいのけてから
指されたあたりを搾り出しました
蜂は小型のたぶん地蜂と思われ、階段をのぼり家のほうに向かっていると
今度は左手の上腕部に鋭い痛みが・・・・
さっきの蜂が執念深く追ってきたのです
急いで家に飛び込み刺された所を絞ってアイスノンで冷やしました

何回か刺されてはいますが特に気分も悪くないので局所の腫れで収まるでしょう

それにしても蜂の一刺し痛いですね

かってそれで首相の座を追われた人もいましたので強烈ですね

蜂刺症で亡くなる人は年間30~50人 猛暑だと90人くらいだそうです 多いですね
野山に行くときは花柄や黒い服は指されやすいので白い服が良い
香水や香料は刺されやすいのでつけない
虫除けスプレーもある程度効果あり
ひるんだ隙にすぐ逃げる
胴体のくびれている蜂は刺すそうです

死亡例の半数は30分以内にショック症状を起こすそうです

今回は久しぶりに刺されて、蜂の執念深さと30分以上冷やしたのに
お饅頭のように腫れてきました  恐るべし蜂の一刺し

皆様注意してください

  1. 未分類
  2. | comment:2
<<タイトルなし | top | タイトルなし>>


comment

 私もよく地蜂に刺されます。アシナガバチやスズメバチだとこちらも警戒するのですが地蜂は黒くて小さくて気が付きにくいですね。それでいてスズメバチの仲間です。草を抜いていたら地蜂の巣を壊したようで攻撃を受けたこともあります。
 我が家も毛虫は少なくなりましたがサナギがあまりないのですが、いったいどうなったのでしょうか?
  1. 2014/07/14(Mon) 19:50:04 |
  2. URL |
  3. 堤防 #-
  4. [ 編集 ]

地蜂といえどもクロスズメバチですので注意したほうがいいですね
刺されたら水で流してから抗ヒスタミン剤塗布がいいようです

ケムシはいなくなりましたが、この頃は天気が良くなると
茶色や白い蛾が沢山庭で飛び交っています(たぶんマイマイガ)
今日もホウキを振り回している人がいましたが落としていたのでしょう

グランドの夜間照明などは恐ろしいほどの蛾が飛び交っています
来年もマイマイガ対策を連休明けからしなくては・・・

木々は大分芽吹いてきてきれいになってきました
  1. 2014/07/14(Mon) 20:01:26 |
  2. URL |
  3. おきなそう #T1ynPNdU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する