野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




鷹の渡りを見に行く :: 2020/09/21(Mon)

「今日は鷹がたくさん飛んでます」と連絡をいただきポイントに


飯綱山の前面に空高く鷹が飛んでいきます
とっても高いところでまた頭上を飛んでゆくのでカメラでは全く追えません
上昇気流に乗って滑るように飛んでゆくのがほとんどで、なかには翼をはばたかせ飛んでゆきます
どの鳥も1羽で、2羽で飛んでゆくのもあります
20921kougenn1.jpg


こんな空にゴマ粒くらいの鷹
それでも30分で12羽を数えることができました
慣れた人ならもっとたくさん数えられたと思われます
DSC_0052.jpg

以前黒姫山の中腹で鷹の渡りを見たことがありますが
今回は2回目です

レイチェル カーソンの「センス・オブ・ワンダー」中にある文章
『わたしは、彼らの長い旅路の孤独を思い、自分の意思ではどうにもならない
大きな力に支配され導かれている鳥たちに、たまらないいとおしさを感じます
また、人間の知識ではいまだに説明できない方角や道筋を知る本能に対して、
湧き上がる驚嘆の気持ち抑えることができません』

天気の良い晴れた日を選び飛び立つ鷹たち
上昇気流に乗って流れるように空を渡っていく鷹たち
秋のさわやかな日見晴らしの良い場所でシートを敷いて寝転がり頭上を眺めて鷹の渡りを観察したら
最高だろうな
でも残念なことに私の技術では鷹の姿をカメラに収められないのでしばらくは
双眼鏡で鷹を見ているしかないようだ

連絡をくださったTさんによると今年は暖かいのか昨日まではあまり渡っていかないそうだが
これから天気の良い日にはたくさん飛んでゆくと思われるとのこと
しばらくは鷹の渡りが観察できそうです

北日本の鷹たちは北海道の竜飛岬を通り北日本の日本海側に沿って長野県の白樺峠を通り
瀬戸内海に沿って九州に抜けるようです
ここで見られる鷹たちは白樺峠に向かって飛んでいるのです

鷹たちの長い旅路の安全を祈らずにはいられません

  1. 未分類
  2. | comment:4
<<キツネに会う | top | ヤマちゃん久しぶり>>


comment

「センス・オブ・ワンダー」大好きな本です。
常にこういう気持ちを大事にしたいと思っています。

鷹の渡り、こちらでも見ることができる山があるのですが
ちょっと遠く、また行ったとしてもすごいカメラが並んでいて
きっと気後れしそうです。
でも一度は見てみたいです。
  1. 2020/09/21(Mon) 20:46:36 |
  2. URL |
  3. okko #-
  4. [ 編集 ]

そちらでも見れるんですね
私の行ったところは車で15分ほどのところ
やっぱり感動しますね

センス・オブ・ワンダー 何度読んでもいい本ですね
愛読書です
  1. 2020/09/21(Mon) 21:55:22 |
  2. URL |
  3. おきなそう #T1ynPNdU
  4. [ 編集 ]

双眼鏡でしか見られないくらい高いところを飛ぶんですね。
シートの上に寝転んでのんびり空を見るのも、
心癒やされそうです。
「鷹たちの長い旅路の安全を祈らずにはいられません」
優しいおきなそうさんの気持ちが伝わって来ます。
  1. 2020/09/22(Tue) 16:29:58 |
  2. URL |
  3. 和ちゃん朗人 #h5k1KUns
  4. [ 編集 ]

和ちゃん朗人様
こんばんは
私ももっと大きく見えると思っていましたが上昇気流に乗っているので高いところを飛ぶんですね
まだ旅の始まりですね これから西日本を通って東南アジアまで行くんでしょうね どのくらいかけて旅をするんでしょうか
長い旅路ですね 
  1. 2020/09/22(Tue) 22:17:55 |
  2. URL |
  3. おきなそう #T1ynPNdU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する