野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




葉っぱビジネス :: 2019/06/23(Sun)

6月になってから山野草の間引いた苗を以前は捨てていたが
去年から1つ100円で産直に出し始めました

ヤマアジサイの季節になり挿し木で増えた苗を出したところ
まあまあの売れ行きです


そこで裏山にいっぱい生えているササを出してみました
50枚で100円  ササが近くにないと山にとりに行ったりと大変なのですが
さて売れたか楽しみです

昨日の地域の情報誌にササ買い取りますとの広告が出ていました
50枚100円で規格が27×7センチと立派です
我が家はせいぜい25センチです まあ商売にするととっても大変なので
気が向いたときに産直に出してみます   ササやかですが葉っぱビジネスです


今日は野尻湖ナウマンゾウ博物館で氷河時代案内人養成講座の講習を受けてきました
40人ほどの受講者があり90分4コマの授業を聞いてきました

野尻湖の生い立ち、地層やナウマンゾウ化石の発見や現在まだ続いている発掘調査の話など
また野尻湖周囲に散在している旧石器時代の遺跡群など盛り沢山の内容で
久しぶりに脳みそが活性化されました

驚くことばかりで改めてこの土地がすごい場所なのだと認識した次第です具体的には後日に
書きますが、野尻湖が黒姫山の山体崩壊でできたとか町の数か所でナウマンゾウの化石が
発見されているそうで我が家の近くでも出てきてもおかしくはないようです

それにしてもアフリカに人類が発生して7万年前にアフリカを出て全世界に散らばり
ナウマンゾウのいた時代には日本には人類はいなかったが、野尻湖から出る化石には
狩りの形跡が見られ原人か旧人がいたかもしれないとか、解明されていないことも多いのですが
見てきたようにリアルに話されるので長い時間飽きずに楽しく聞けました

また現在、日本科学未来館では「マンモス展」が開かれていてロシアの永久凍土から発掘された
マンモスをはじめとする古代動物標本が展示されています
館長が「皆さんはマンモスとナウマンゾウの違いくらいは分かるくらいになってください」と
言われていましたが興味を持ちました 知らないことを知るって本当に面白いです

  1. 未分類
  2. | comment:0
<<冠キンバイ咲く | top | 半夏生が白くならない>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する