野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




花を使ってもらう喜び :: 2019/03/07(Thu)

東京にお茶の花を習いに行っているKさんに庭の花を提供している

庭で咲いた花を喜んで使ってもらうと育てているものはとっても張り合いがありうれしい限りです

だがお茶の花は大体決まっていてなんでもいいとは限らない
バラや大輪のユリは使わない

困るのが冬場   雪の中で咲く花はない
今回も前回と同じでハクモクレンにサンシュウ どちらもまだ開花していないが
開花したものより開花前のものが喜ばれているようです
これらは実家に庭より調達

Kさんに雪の中で芽を膨らませていたネコヤナギの場所を教えると長くつと長いのこぎりを
もって取りに行ったそうです
ネコヤナギの芽が銀色に膨らんで春を告げている


蕾を付けたダンコウバイも2枝、まだ咲いていた太神楽も入れた
太神楽はもう時期が遅くて使われないと思われるが・・・


本格的な春になるとキブシやヒカゲツツジ、クロユリにとたくさんの花が出てくる
月1回の練習日に合わせて咲いてくれるようにいつも祈っている
花を作るもののささやかな喜びです

  1. 未分類
  2. | comment:2
<<春の雪 | top | 啓蟄>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/03/08(Fri) 16:27:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/03/08(Fri) 19:11:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する