野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




暑さ指数と「2100年の気象予報」 :: 2018/07/23(Mon)

今日は熊谷で41.1℃の最高気温が記録された

テレビによると暑さ指数という指数があってこれはかなり前から使われているらしい
私は数日前に知った
環境省ホームページによると、人体の熱収支に着目した指数で①湿度②日射など③気温で構成され
危険基準、厳重警戒、警戒 、注意の4段階がありまたそれらが
日常生活に関する指針、運動に関する指針、作業に関する指針と細かく分かれている

こんなものが存在していたのら早く知っておきたかったが庶民には全く届いていない
運動が危険な指数なのに平気で県大会などをして救急搬送されているのはこんな指数が知らない
為と思われる   あっても使われなかったり存在を知らないのはないと同じ

また驚いたことには「2100年の天気予報」なるものが作成されていて気象キャッスターが解説している
2100年の東京、名古屋の予想最高気温は44℃新潟、大阪43℃・・・
台風は風速90メートル・・・熱帯夜の日数にいたっては都会に住めたものではない

よく見たいと環境省のホームページを探したが見つからなかった

温暖化とヒートアイランド現象なのか異常気象は世界中で起こっているようである

環境省も気象庁ももっとこのような情報を国民にわかりやすく知らせてほしいものだが
「池上彰」さんに詳しく解説してもらうのが私には一番わかりやすい

気象庁も地震、台風だけではなく暑さ対応もする時代になっているのではないか?
今日会見で「災害」レベルの暑さだそうです

それにしてもこの暑さと雨の少なさは異常 農作物の出来が心配である



タニワタリノ木にアサギマダラが羽化した後と思われる羽を伸ばしていました
アサギマダラは旅をする蝶として有名ですが実物を見ると羽の浅黄色の美しさに
心を奪われます
72418asagimadara2.jpg


もう少し観察していたかったが出かける時間なのできれいな姿を見ることはできなかった
当地で幼虫~蛹の段階を経て羽化したと思われます もしかしたらまた庭のヨツバヒヨドリに来るかもしれません
72418asagimadara1.jpg

  1. 未分類
  2. | comment:2
<<農村体験生徒の受け入れ | top | 雨が降ってほしい>>


comment

アサギマダラの羽化を見られるなんて、羨ましいですね。
タニワタリの木って私の知らない木の名前ですが、
飛んでもない距離をワタるアサギマダラが、タニワタリの木とは、
この蝶も洒落が分かって居るんでしょうか?!(^^)!
  1. 2018/07/24(Tue) 09:58:08 |
  2. URL |
  3. 和ちゃん #h5k1KUns
  4. [ 編集 ]

こんにちは
私もアサギマダラの羽化は初めてです

確かに渡りをする蝶がタニワタリノキにいるとは
面白いいですね
  1. 2018/07/24(Tue) 13:02:10 |
  2. URL |
  3. おきなそう #T1ynPNdU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する