野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




雑木林を歩ける :: 2017/12/02(Sat)

うっすらと雪が積もった朝 昼間の日差しですっかりとけましたが風は冷たい日でした

裏山の雑木林の木々はすっかり落葉したので 鳥の姿もよく見え安心して森の中を歩ける季節です
12217zoukibayasi.jpg


庭もいつ雪が来てもよいように枯葉を吹き飛ばして雪囲い終了
12217yukikakoi.jpg


水仙が早々と芽を出しています
12217suisenn.jpg


少しずつ蕾を膨らます西王母
12217tubaki.jpg


鉢物はみな木の下に寄せて少しでも雪の被害を防ぎます
12217kinositahe.jpg


1年じゅう青い葉のカンアオイ 虫媒花でも風媒花でもなく自家受粉植物で
種は冠毛に含まれる油を食べにくるアリによって運ばれ散布されるので
1万年に1キロしか移動しないという非常に繁殖しない植物だそうです
12217kannaoi1.jpg


こちらもカンアオイだが葉は丸く着々と広がっている感じがします
PC022105.jpg
カンアオイはギフ蝶の食草というが家の周囲ではまだギフ蝶は見られません

  1. 未分類
  2. | comment:0
<<大霜の朝 | top | 「草木の野帖」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する