野バラ咲く道

平凡な日常を書いてゆきます




蜂が入ったらしい :: 2017/07/03(Mon)

ブナの木の下のハチの巣にはどうやら蜂がご入居されたようでセッセと
黄色の花粉を足につけた働き蜂が出入りしています(箱の上から見ています)
7317mitubati.jpg

今日の地元紙の投稿欄に「ハチパラダイス」と題する記事が載っていました
その方は2009年から日本蜜蜂を友人人に教わりながら飼い始め
試行錯誤を繰り返しようやく1昨年から越冬して現在は9群(10万蜂)を飼っているそうです
庭を行き来する蜂たちを身近に感じながら時には特上のはちみつをいただきていてこのパラダイスが
続いてほしいと書いている

西洋蜜蜂と違い日本ミツバチは管理が難しいようでいろいろな困難があるようです

数日前の地元紙からですが近年はミツバチの大量死との関係が指摘されている「ネオニコチネイド系」と呼ばれる農薬が
世界各地で広く使われるようになりカナダの実験ではこの農薬を低い濃度で与えると女王蜂の数が減ったり
寿命が2割短くなったという
EUではネオニコチノイド系農薬の一部の使用を禁止したりしているが日本ではコメや野菜の栽培に
使われて拡大傾向だという
農作物の受粉を助けるミツバチに深刻な影響を与える農薬の使用規制を求める声が強まりそうだという

巣箱を置いている方はここらあたりでもかなり蜂の飼育をやめたりしていて
蜂自体がたいへん少なくなっているそうです

玄関前のキンリョウヘンには蜂が絶えず訪れています 
7317hanatohati.jpg


ホームセンターでフェンネル(ウイキョウ)を見つけたので購入
キアゲハの食草です 蝶も増えてほしいと思っています
7317fennneru.jpg

  1. 未分類
  2. | comment:2
<<アゲハが羽化 | top | 梅雨の庭>>


comment

 おはようございます。

 ミツバチの巣箱が元通りになりよかったです。この農薬、ニコチン様物質とのこと、人体への安全性は高いようですがミツバチには悪影響が、養蜂家も大変ですね。
  1. 2017/07/04(Tue) 10:30:19 |
  2. URL |
  3. inkyo #yNKEkr8c
  4. [ 編集 ]

inkyo様
こんばんは
この農薬は人体には安全性が高いのですか
ミツバチに影響が出ると受粉などができなくなり
影響が大きいですね
  1. 2017/07/04(Tue) 19:16:58 |
  2. URL |
  3. おきなそう #T1ynPNdU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する